Top 母の日プレゼント ;>母の日プレゼントに月の土地!

2007年04月23日

母の日プレゼントに月の土地!

母の日プレゼントに「月の土地」(エー??)なんて、いかがですか?
本当に、月の土地を販売しているんですよ!
びっくりですよねー!
私もビックリしました。

月の土地を販売しているのは、アメリカン人のデニス・ホープ氏(現在、アメリカンルナエンパシー社のCEO)です。

デニス・ホープ氏は、
「月は誰のものか?」
と疑問を持ち、徹底的に調べたそうです。

すると、月を国家が所有することは禁止されていました。
が、
個人が所有するのはいけないとは決まっていませんでした。


それでデニス・ホッパ−氏は、
月の土地を販売しようと思い、
国連やアメリカン合衆国政府、旧ソビエト連邦にも打診し、
現在、月だけでなく、火星の土地(!)、金星の土地(!!)なども販売しています。


月の土地って、地球から見える表面だけで、
約50億エーカーもあるそうです。
1エーカーは、約1200坪あります。
(サッカーグラウンド1面分ですね)

それで、
この1エーカーを2700円で販売しています。

安いね(笑)!


すでに4億エーカーも売れているそうですが、
元アメリカ合衆国大統領や有名ハリウッドスター、
またアメリカ有名企業まで(笑)月の土地を購入し、
有名になりました。


さて、
実際に購入すると、どうなるのでしょうか?

アメリカンルナエンパシー社から、
月の土地の権利書や、
月の地図(購入した土地の位置が印してある。オオー)
月憲法 権利宣言や
国連などに提出した権利宣言書が届くそうです。


月や宇宙が大好きなママへ。
シャレのわかる(笑)、しゃれを楽しめるオカンに母の日プレゼント!


ちなみに、
この「月の土地」 の権利書に記載される日付は、
好きな日付を書いてもらえます。

お申込日を基点に、
過去半年から未来半年の中から、選べるんですよ。





「月の土地」は、
米国ルナエンバシー社(ネバダ州)が1980年から販売している、「地球外不動産」です。

カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・日本など、
15カ国・地域に代理店があります。

現在は全世界で、
175ヶ国約200万人の「月の土地」の権利者が登録されているそうです。


日本では、
2002年からルナエンバシージャパンの日本代理店が設立されています。

すでに約10万人の方が、月の土地を購入されています。


満月の日、
あなたの月の土地はどこかにあるのか、探してみてくださいね(笑)。

ちなみに、今年の母の日は満月じゃありませんが、
どこかに自分の土地があるなんて、
想像することが楽しいですね!


「母の日プレゼント・オカンにギフト」のトップページに戻る

posted by 母の日 at 09:10 | 母の日プレゼント

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。