Top 母の日ギフト ;>母の日ギフトに名前の詩

2007年04月26日

母の日ギフトに名前の詩

母の日ギフトに、カーネーションとともにあなたの大切なお母さんに、お母さんの名前から作った「名前の詩」をプレゼントしてみてはいかがでしょう?

あなたの大切な人=あなたのお母さん、お袋、ママ、オカン(笑)。

母の日は、あなたの大切な人オカンに、
あなたの伝えたい気持ち、感謝の心を伝える日ですね。

あなたのお母様のお名前から、
「お祝いの心」や「感謝の心」を盛り込んで、
名前の文字一つ一つからオリジナルな詩を作り、
手書きの絵を添えて、
額に入れて(額に入ると、立派に見えますよ(笑))、
母の日プレゼントするのは楽しそうですね!


これは、
毛利達男さんによる、「名前の詩」の母の日贈り物です。

母の日ギフトだけに限りませんが、
世界に一つだけ『お名前』で創る贈り物です。
毛利達男が詩を創り、手描きしています。

ちなみに、送料無料だそうで、
これはうれしいですね(笑)。
(送料って、けっこうバカになりませんからね〜)


さて、毛利達男さんは、大分県別府市生まれの人です。
現在は、大分県臼杵(うすき)市佐志生に住んでいるそうです。

美術高校卒業後、
百貨店の企画室宣伝部に入社しています。

2000年(平成12年)に、
子ども時代から好きだった絵を描こうと、
自己流の墨彩画を描き始めたそうです。

そして2002年(平成14年)から、
毛利達男「名前の詩の贈り物」シリーズを始めました。

月に200を越える、「名前の詩」の申し込みがあるそうです。





この額入りの絵は、
「ありがとう」、「おめでとう」、「ふく来たる」の手描き和紙で包まれて、届きくそうです。

これだけで、感動しちゃうオカンが多いそうですよ(感涙)。


オカンの感激を増大させる秘訣(笑)!
その1. 贈り物を渡すときに、「オカンの名前を使って詩にしているよ」などと言わないこと。
オカンが自分で気がつくまで、秘密です。内緒です(笑)。

その2. オカンに詩をよんでもらいます。
(さあ〜、オカンはいつ気がつくでしょうか(笑))

その3. 気がつかないオカンは、一ヶ月以上飾っていても気がつかないそうです(爆)。
ですが、オカンもいつかは気づきます(たぶん(爆))。

その時が、感動ですね〜。
(楽しみ♪)


「母の日プレゼント・オカンにギフト」のトップページに戻る

posted by 母の日 at 15:52 | 母の日ギフト

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。